スポンサーサイト

  • 2009.02.16 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


弁当屋ハリーは、

現在、スイーツ&ご飯の“催事屋ハリー”として
全国行脚中!




弁当屋ハリー、、引退。。

とにかくハリー引退です。

荒地に線路を敷くだけで、燃え尽きた感があります。

両社ともに事業ドメインを広げるきっかけにはなったでしょう。

あとは、いかようにもできるはずです。


         ○     ○

O社の“申し訳ございませんフッシー”が後を継ぐそうです。


第2弾以降に関しては、ハリーは関知しておりませぬ。

無責任な様でもありますが、

“食べ物を売る”ということは、

“カラダの中に入る物”を売るということです。

いい加減な気持ちでは取り組めませぬ。




いずれにせよ、非常に良い経験をさせていただきました。





今となっては、

協力してくださった方、喜んでいただいた方、
憤慨させてくれた方、失望させてくれた方(?^^)、

すべての方に御礼申し上げなければなりません。

関係各位の皆様に御礼を申し上げつつ、

私、ハリーは旅に出ます。

新天地の荒野に向かって。。。



ありがとうございました!










寝ぼけハリーの独り言



開発した本人すら愛してない商品が
赤の他人に愛されるはずがない。

情熱や愛のこもっていない商品が
ヒットするなんてことは、ゼーーッタイにない!
                


と思うよ。(ハリー)








えのべん第1弾 『ごちそうさま〜弁当』 販売終了

 本日、2008年9月15日をもちまして、

江ノ電初の駅弁=えのべん
『ごちそうさま〜弁当』

の販売は、完全終了となりました。
(9月になってからは、江ノ電鎌倉駅売店、藤沢駅売店でのみ販売)

お買い上げいただいたお客様、ご支援いただいた皆さん、
PRしてくださったメディアの皆様、ならびに関係各位の皆さん。

誠に、ありがとうございました。

大いなる欠品、機会ロスなど、お詫び&反省しなければならないことも
沢山ありますが、まずはなんとかソフトランディングといったところでしょうか。
次回には、この教訓を生かしてもらいたいものです。

Yesterday is history.
Tomorrow is a mystery.
Today is a gift.  

次回まで、グッドラックなのでございます。










ブログというものは、、

いちばん最初の書き出しから、

時系列に追って読むと

より一層楽しめるものですね。ハイ


6月20日のブログ開設日から、
下から順に追って読みましょう!
http://enoben.jugem.jp/?page=4#top











日本代表えのべん in バーレーン



やりました。日本代表。3−2でバーレーンに勝利!
辛勝でミスもあったけど、ま、勝てばいいやね。

個人日記だと、日本代表と言う言葉も使いやすいからいい。
オフィシャルHPじゃ、もちろんダメダメ。
○がんばれ弁当 (セーフ)
×がんばれ、ニッポン弁当 (アウト)
何のために公式スポンサーは何億円も
払ってるんだという常識的な話。
説明するまでもないか。。

さてさて、日本代表という多検索ワードにえのべんをくっつけて
何を言いたいのかというと、

えのべん「ごちそうさま〜弁当」は、
江ノ電鎌倉名店街、江ノ電藤沢駅売店以外では
すでに販売を終了しております。ご了承くださいませ。

(上記2店舗もまもなく終了します)

話題性商品というものは、夏の花火のように
短命で終わるのが宿命なのでございます。

よしなに、よしなに。











世界のえのべん in ナイロビ



考えてみれば、
北京五輪男子マラソン金メダリストのワンジル選手が
仙台育英高校の駅伝ランナーとして走っていた頃、
ハリーも仙台に住んでいた。

世界は広い。
が、そう思い返してみれば狭くもある。
でもやっぱり広いか。。



よっ、ワンジルひさしぶり〜〜。
って、、知ってるわけないっつーの。

近いor遠い。関係あるor関係ない。
皆それぞれの“心の物差し”の持ち方ひとつなのだろう。

なぜかケニア人とは縁のあるハリー。
久々にナイロビ出身Kくんと元町でguinessでも飲むかな。

では 
トゥタオ ナーナ








えのべん文学館 [俳句短歌川柳館]



【選者評】
仕事を終え、自宅最寄駅の鎌倉駅で降りる。8月下旬の夕刻とはいえ
まだ日差しはキツイ。ただ依然と明らかに違うのは蝉の鳴き声。
ジージーとうるさいアブラ蝉の声より蜩(ひぐらし)の声が多く
なっている。そう、もう秋なのだ。
“お、そうだ。夏季限定・えのべん「ごちそうさま〜弁当」の販売も
終わってしまうじゃないか。売店の閉店時間ももうすぐだっ…“
蜩の声にせかされるように「えのべん」を買いに江ノ電名店街の
大船軒へ走るサラリーマン父さんの姿が目に浮かぶようです。(波里伊)

※8月は旧暦では秋。蝉は夏の季語ですが、蜩は秋の季語。
また、「ごちそうさま〜弁当」は夏の季語ですが、「えのべん」は通年名詞であるため、
この場合は二重季語とはなりません。念のため。

----------------------------------------------------------------------
本家・鎌倉文学館はこちら↓

http://www.kamakurabungaku.com/


バラ園が見事な季節も良いですが、これからも訪れるにはいい季節ですヨ。
[アクセス]
電車 JR鎌倉駅、JR・小田急藤沢駅で江ノ電に乗換「由比ヶ浜駅」下車、徒歩7分。
バス JR鎌倉駅より藤沢・大仏方面行きのバスに乗車、 「海岸通り」下車、徒歩3分。

【鎌倉ゆかりの文学者・芸術家】
大佛次郎、川端康成、久米正雄、小島政二郎、小林秀雄、今日出海、里見、高見順、永井龍男、中村光夫、中山義秀、林房雄、島木健作,夏目漱石、島崎藤村、有島武郎、高山樗牛、泉鏡花、 国木田独歩、芥川龍之介、広津和郎、葛西善蔵、 長与善郎、林不忘、深田久彌、大岡昇平、吉屋信子、 岡本かの子、宮本百合子、北畠八穂、直木三十五、 海音寺潮五郎、太宰治 森田たま、小林勇 、蒲原有明、堀口大學、中原中也、萩原朔太郎、神西清、菊岡久利、三好達治 、吉井勇、木下利玄、佐佐木信綱、与謝野晶子、 与謝野寛、太田水穂、四賀光子、吉野秀雄 、正岡子規、高浜虚子、荻原井泉水、星野立子、 松本たかし、草間時彦、真杉静枝、胡桃沢耕史、山口瞳、三島由紀夫、 村松梢風、久生十蘭、高橋和己、立原正秋、澁澤龍彦、中野孝次、竹山道雄、江藤淳、 山崎方代 、尾崎喜八、田村隆一 、石塚友二 、村山知義、真船豊、北條秀司、小津安二郎 他多数





世界のえのべん in ロンドン [ 2012 ロンドン五輪 ]

北京と来たら、次はロンドンでしょう。



純度90%。ほぼ個人のお遊びブログと化してまいりました(^^)
企画開発・マーケティングに携わる皆さんの息抜き場になればいいな♪







世界のえのべん in 北京 [北京五輪 閉会式]

時節ネタを忘れていた。。
北京オリンピック、今日で終わりかいっ。



文法的には間違ってるだろうが、筆談ならなんとなく通じるべ。。
「吃一边看北京奥林匹克一边好吃的江ノ電便當吗?」
(北京五輪見ながら、「えのべん」いかがすか〜)
「北京奥林匹克的闭幕式是今天」
(今日で終わりだよ〜)

体調すぐれず、モチベーションも没有〜。
再見!


calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< March 2018 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM